<   2010年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧
大活躍
竹の子も立ってきて(大きくなって食用に不向き)そろそろ終盤かな?今週末あたりは、かなり奥山か、雪消えの遅い処に行かなければ集めるのが難儀になるなと思案中。竹の子は,歩止まりが悪く、1本40gの竹の子を皮と節を捨てると半分以下の約18gになってしまいます。皮剥きにも結構手間がかかり、今は写真の道具で比較的に速く処理する事ができますが、この道具が無かった頃は夜中近くまで皮剥きをしていました。
f0192924_21313412.jpg

超便利な竹の子皮ムキ道具 我が家では2台目
f0192924_2136762.jpg

ハンドルを回せばこの通り、きれいに剥けます。あと少し手直しするだけ
by yadoya-sanpei | 2010-06-20 21:39 | Comments(0)
あれこれ話
昨日、一昨日と竹の子抜きに行ってきました。竹の子抜きの初山にしてはまあまあの収穫です。竹の子抜きの場合、たいがいの人達は朝の暗い内から行動するようです。山に入ってあれだけの人の声がする山菜採りもないですね。今年は特に多いような気がしました。
話が変わり、山の木々は花盛り。藤、朴ノ木、栃の木、針槐(ニセアカシア)、谷空木、などなど。栃の木は最盛期で花の蜜を集める養蜂家の方は大忙し。以前に私も西洋蜜蜂を飼ってか、買ってか、始めたことがあります。結果、身体、懐と痛い目をみました。以来、毎年来ています養蜂家の方から買うことにしました。
f0192924_20594144.jpg

栃の木の花
f0192924_2115070.jpg

朴の木の花 
この朴葉で作る御菓子、朴葉巻きは粒餡を道明寺で包み、朴葉の若葉で巻いたもので大変美味しいです。期間限定で先月で今年の分は終わりだそうです。
by yadoya-sanpei | 2010-06-14 21:21 | Comments(0)
蕨のおべだふり
そろそろ竹の子抜きがシーズンとなりました。今日も朝早くからたくさんの方が竹の子抜きに行ったようです。ワラビも盛りになり、昨日今日とワラビ折りに精をだしました。ワラビは塩蔵して一年を通して使っています。
塩蔵は二種類の方法で漬け込みます。
1.ワラビのアクをタンサン(重曹)で抜いて、真っ青な色の状態にして漬け込む、小安温泉ではワラビのアク抜きを「シボネル」と言うような使いかたをします。(アクを搾り出すということかな?)
2.生のワラビをそのまま漬け込み、途中でワラビが茶色に変色しますが、(昔はこれに緑青で色付けしてました)個人的にはこちらの食感が好きです。
さて、今度は竹の子抜きかな・・・
f0192924_17392317.jpg

シボネてから漬け込むワラビ
f0192924_17432853.jpg

生で漬け込むワラビ
いろいろ書きましたが私は採ってくるだけ
by yadoya-sanpei | 2010-06-06 17:52 | Comments(0)