立春大吉吉来たれ
如月(きさらぎ)陰暦2月の称寒さのために衣を重ねるところからの、衣更着、陽気が発達する時期であることから、気更来などさまざまな義があるようです。今日立春、春の気が立つ季節、冬と春の分かれ目とあることから、気更来の方に軍配があるように思います。陽気が発達したのか昨夜から雨、雪嵩も減り雪よせも一休み、まだ2月初旬このあとの雨返しがにそなえ体力温存。昨日は節分大寒の末日で明けともいう「鬼やらい」や「豆まき」を行うとある。昨夜豆まきをしたが、ああやれ、こうやれと一番身近におにがいた気がしたのは私だけでしょうか。
しがっこまつりの花火
f0192924_10333146.jpg
f0192924_10334566.jpg
f0192924_10323849.jpg

by yadoya-sanpei | 2019-02-04 10:43 | Comments(0)
新年あけましておめでとうございます >>