春なのに
別れと出会いのシーズンになりました。出会いは楽しいですが別れは胸にグッと来るものがあります。どうしようもないやるせなさとでもいうのでしょうか、しかたがありませんけれど、これから巣立つ子供達はこうゆうものを経験して大人になって行くのでしょう、こういう場面は未熟大人(僕自身)となった今もやっぱりスッキリしないですね。また別れがあるから出会いも一入なのでしょうけれども、
会うは別れのはじめとも言いますから無常ですね。先週ですけれども小安温泉峡昭和の立役者の方が無期公演に旅立たれました。合掌
なんか湿っぽい話になりましたね、話題を変えてガラにも無くまた花の話でもしますか、今日の新聞に福寿草が海辺のにかほ市で開花したとありました昨年より二週間ほど早いようです。ここ小安温泉峡には福寿草の群生地がないです、僕が知らないだけかもしれませんが、皆瀬では小保内峠を境に貝沼地区までは良く見かけます、標高の違いですかね。
f0192924_2239666.jpg

吹突岳(ふっつきだけ1.221m)壊れたカメラで!!
# by yadoya-sanpei | 2009-03-05 22:50 | Comments(2)
如月末ルンルン
昨日好天に誘われてスノーハイクに行って来ました。コースは女滝沢森林浴歩道の通称薬師長根を大高遠山(おおたかとうやま944m)に登り、小安沢と女滝沢の尾根を下り小安温泉峡もどる約3時半の散歩道(幾三)早い話女滝沢をぐるーっと回ってきただけ、天気はピーカンでしたけれど風が冷たくて、その分雪が硬く歩きやすかったです。途中所々で見る秣岳遠望は素晴らしい焼石連峰も見事でした。
f0192924_10341051.jpg

秣岳(まぐさだけ1424m)地震で低くなったかな?・・・
f0192924_10445133.jpg

たぶんヒラタケでしょう?途中で見つけました。この後デジカメが故障していじくりまわしているうちにレンズがボロッと取れてオシャカになりました。むかーしむかーしのでしたのでこの辺でアリガトウかな
f0192924_10403386.jpg

焼石連峰レンズを手でおさえて撮りました。
先週に話しました。マンサクの花見つけること出来ませんでした。幸福の再来ならず・・・
# by yadoya-sanpei | 2009-03-01 11:05 | Comments(2)
豊年だ満作だ
 日に日に日が長くなり、あちらこちらから小鳥の声が聞こえ始めました。一週間ほど続いた冬型の天候もここに来て一段落して、雪深い小安峡温泉の里にも春の息吹を感じ始めました。早朝の冷え込みはまだまだ厳しいものがありますが、確実に春は近づいて来ています。間違いの無いところです。山菜採りまでは二ヶ月弱ですか。秋田県内の早いところではマンサクの開花が伝えられました。春に他の花に先駆けてまず咲く花ということと、また花がたくさんつくので豊年満作から命名されたとか、さてどちらでしょうかどちらにしても縁起の良い名前です。ガラにもなく花言葉などを見ましたらこれまた縁起が良く「幸福の再来」だそうです。幸福の再来を求めに今週末はスノーシューを履いて物見遊山にでも出掛けてみますかな。NHKからまんさくの花なるドラマも1981年に放送されました。横手市増田町の日の丸醸造さんから「まんさくの花」銘のポン酒も発売されています。
f0192924_19535865.jpg

大森山(おおもりさん) 標高704m
先の小鳥の声あまり真冬には聞かないですよね。小鳥が鳴かないのか?余裕が無くて聞き取れないのか?
# by yadoya-sanpei | 2009-02-24 20:02 | Comments(0)
水ぬるむころ
小正月行事、各種冬祭りも大体終わり、雪不足に悩んだ関係者の皆様の期待を裏切り今になって、まとまった雪が降り 様々な方々の心情を察します。この雪も朝に雪かきをするとお昼ごろにはアスファルトの黒々とした色が鮮明になり春が近づいて来ている事を感じています。昨日から『雨水』やはり春を感じるわけです。雪から雨に変わり氷が融けはじめ水ぬるみ草木の芽が出始める頃ですから、というものの皮肉なことに先にも述べたとおり今週の始めから雨から雪になりましたね。三寒四温とでも言うのでしょうか繰り返しくりかえしダンダン春になっていることは確かです。春といえばここ6~7年定番作業のキノコの植菌作業が春一番の大仕事です、ホダ木となる原木を業者さんから一ハリ半(木材の質量にハリ、コクなど)買い求めそれに種ゴマを約9000~10000個打って夏の土用の頃まで日陰のところで養生をして、後に山に並べて来年の秋の収穫になるわけです。
f0192924_1944610.jpg

一関市花泉町 高鞍窯 井上哲治さん作陶のシーサー
 
阿の方は3年ほど前に吽の方は去年秋口に出来てきました。が、阿の方が先の地震で耳をかじられ、行き違いに修理に行き綺麗になって晴れて一対なりました。
シーサーの位置左右反対でした。
# by yadoya-sanpei | 2009-02-19 20:20 | Comments(2)
冬まつり真っ最中
 2月も中旬秋田の冬まつりあちらこちらで目白押しです。先週ここ小安温泉峡でも「しがっこ」まつりがおこなわれました。今週は湯沢で「犬っこ」まつりがおこなわねます、横手の「かまくら」が15日から16日の開催です。雪が少ない暖冬ですけれどやはり冬ですので皆さん祭り見物は、寒さ対策を万全にして風邪などひかないようにしておいで下さい。
f0192924_8502523.jpg

しがっこまつりの花火
f0192924_10191535.jpg

犬っこしん粉細工 佐藤雅三さん作

しがっことはここ小安温泉峡では水が凍るとシガ(地面に張る氷もつららも)とよんでいます、それに秋田弁特有「っこ」を付けたものでしょう。しがっこまつりは小安温泉峡一等一番の名勝大噴湯の上部にできる巨大なシガ「つらら」見物で、夜はライトアップもしています。前はカラーのライトアップでしたが今年はモノクロの世界になりました。
つららのことを秋田では「たろんぺ」言う地域のあるそうです。人のうわさでは京都の方でも呼ぶみたいな事を耳にしました。
# by yadoya-sanpei | 2009-02-11 09:54 | Comments(1)